6/27(月)6/29(水)~\最大60%OFF/SUMMER SALE開催!

MAGAZINE

【夏バテ解消・対策】おすすめヨガポーズ 5選

はじめに

日本の夏の暑さは年々増してきて、つい冷たい飲み物や食べ物を取りすぎてしまったり、

冷房によりカラダがだるくなってしまいがち。

ほかにもやる気が出ない、イライラする、食欲が湧かない、よく眠れないなど、自律神経の乱れも引き起こしてしまいます。

そこで、夏の暑さ・冷えをヨガのポーズで予防していきましょう!

ローランジのポーズ

【ポイント】

ローランジは両足で均等に床を踏み込み、頭頂から尾骨までを一直線にキープすることが大切。

さらに、腿とお腹を近づけて前脚側の股関節の屈曲を深めていきましょう。

【効果】

・下半身の筋力が向上

・血流改善

・股関節の動きがよくなる

三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)

【ポイント】

三日月のポーズを行うときには、正しく上半身を反らすことや股関節が十分に開くことがポイント。

腰を使って体を反らしてしまうと、腰を痛めてしまう場合あるので注意!

前に出した足に重心を乗せて、二の腕を後ろに引くことを意識すると、上体が伸ばしやすくなります。

【効果】

・骨盤の歪み改善

・肩こり解消

・リンパの流れ、血流改善

・リラックス効果

牛の顔のポーズ(ゴムカーサナ)

【ポイント】

牛の顔のポーズは骨盤が前後に倒れやすくなるため、まずは骨盤が真っすぐ立っていることを意識。

骨盤が立ち、両膝がカラダの中心で重なっていることを優先しましょう。

【効果】

・二の腕、肩甲骨まわり、臀部のストレッチ

・腰痛予防、緩和

・疲労回復

・自律神経の調整

バッタのポーズ(シャラバーサナ)

【ポイント】

バッタのポーズは、両脇を締めて肩甲骨を引き寄せ、肩はすくめず首を長く伸ばすように意識しましょう。

【効果】

・背中、お尻の引き締め

・腰痛予防、緩和

・自律神経の調整

・内臓機能の活性化

・消化機能アップ

・便秘解消

鷲のポーズ(ガルーダーサナ)

【ポイント】

鷲のポーズは不安定な状態でバランスを取るポーズなので、転倒には十分注意しましょう。

腕を絡めづらい人は、手の甲どうしをくっつけたり小指だけを絡めるだけでも◎

【効果】

・足首の強化・脚力アップ

・肩、首こり解消

・集中力の向上

・冷え性改善

・バランス感覚の向上

最後に

初心者の方でも簡単に取れるポーズもあるので、初めての方にもおすすめです。

これからの暑い夏の季節に限らず、日々カラダのメンテナンスの一つに試したり、取り入れてみてはいかがですか?

イージーヨガのウェアは水や汗にも強い速乾力と、じめっとした湿気が多い日本の夏にも快適に過ごせる通気性抜群なアイテムがたくさん♪

ヨガやワークアウトはもちろん、普段のタウンユースにもお召しいただけるオシャレなデザインも充実しているのでチェックしてみてくださいね!

ウェア・グッズアイテムはこちら