MAGAZINE

自律神経を整える簡単ヨガポーズ

\簡単!ヨガポーズでココロもカラダも整えよう/

今回はイージーヨガ エリアアンバサダーの花井 葵さんに『自律神経を整えるヨガポーズ』を教わります♪

ヨガには呼吸法や瞑想、ポーズとありますが、ヨガポーズを行うだけでも自律神経の乱れを整えられると考えられます。

自律神経が乱れると身体だけでなく精神的にもさまざまな不調がでてきます。

  • 不眠
  • 疲れが取れにくくなる
  • 動悸や息切れ
  • めまい
  • 頭痛
  • 下痢や便秘
  • イライラする
  • 不安感
  • 情緒不安定になる

今回は簡単ポーズ3つを一連の流れで進めていきます。

1つでも当てはまる症状がある方は、今回ご紹介する簡単ヨガポーズを実践してみてくださいね。

【プロフィール】

花井 葵

ヨガサロンやさしい花オーナー兼講師

全米ヨガアライアンス200時間修了

RCYS95時間修了

猫のポーズ(キャットアンドカウ)

【効果】

背中を丸める&しならせることで背骨を動かします。

ストレスでこわばった背中の緊張をほぐし、リラックスしやすい状態を作りやすくさせることで自律神経を整えるポーズです。

四つん這いになり、両手を広げ足は腰幅にセットします。

肩の下に手首、足の付け根の下に膝がくるように調整し、足は腰幅に開き、足の甲を寝かせましょう。

息を吸いながらゆっくり背中を反らせ、胸を開きます。

視線は斜め前に向け、首は長く伸ばし、肩を下げるようにしましょう。

息を吐きながら背中を丸め、視線をおへそに向けます。

自分の心地のいいペースで動かし、肩甲骨と背中が広がる意識で行っていきましょう。

猫のねじりポーズ(ヴィダーラ・アーサナ

【効果】

胸を大きく開くことで深い呼吸が得られるようになり、胸が軽くなります。

ひねりをくわえることで肩こりの解消にも◎

四つん這いに戻り、右の手を左の肩の下に入れ、左の手でマットを押し、胸を上向きにします。

ゆっくり呼吸をし、伸びている部分、心地いい部分を感じていきます。

吸う息で、体を四つん這いに戻し反対側も行っていきましょう。

子供のポーズ(バラーサナ)

最後は背中のコリ・腰痛にも効果的なバラーサナで神経を落ちつかせて、体を緩めていきます。

お尻をかかとにつけて、背中をリラックスさせ、肩甲骨が左右に広がり落ちるのを感じ、ゆっくりリラックス。

イージーヨガ【公式】YouTubeチャンネル

▼イージーヨガ【公式】YouTubeチャンネルにてわかりやすい動画verでも配信中▼

さいごに

いかがでしたか?

アンバサダーの花井葵先生はイージーヨガが主催するマインドフルネススタジオにてレッスンも開催されています!

代官山スタジオ、またはオンラインレッスンも同時に行っておりますので是非気になる方はチェックしてみてくださいね♪

くわしくはこちら