MAGAZINE

ヨガはいつやるのが効果的?「朝ヨガ」・「夜ヨガ」について

皆さんは普段どの時間帯にヨガをやられていますか?ヨガをやられる時間は人によってさまざま。

今回はヨガをやる時間帯で効果に影響はあるのか、「ヨガに適した時間」についてチェックしてみましょう。

ヨガの適正時間は?

ヨガは「朝起きたとき」と「寝る2時間前」がベストといわれています。

ヨガをするのにもっとも効果的な時間は「朝・起床後」「寝る2時間前」がベストといわれています。

理由のひとつとしては、骨盤を矯正して内臓の働きが正常になるように調整するから。

内臓を支えている骨盤は朝から夜にかけて徐々に開いていきます。朝ヨガをすると骨盤や骨を支える筋肉が活発になり、夜になっても骨盤がなるべく開かないようにしてくれるのです。

「朝ヨガ」

起きてすぐ空腹の状態でヨガを行うと、脂肪燃焼が促されます。

持続すれば体質改善効果も期待できるほか、朝ヨガは神経にも刺激を与え、副交感神経と交感神経の切り替えが行われます。

必ず朝食前にやることがポイント!体を目覚めさせて活性化させる朝ヨガで一日をスタートさせると気持ちも上がりそうですね♪

「夜ヨガ」

夜ヨガは夕方6時以降と夜の9時以降にヨガをするのが効果的と言われています。

朝同様で夜も空腹時間に行うのがポイント!ポーズには内臓を圧迫したりスムーズな呼吸法が大切なので、なるべく空腹の状態がベスト。

夜のヨガは、1日の体の疲れやストレスを解消すること、凝り固まった筋肉や関節をほぐして血行を促進するなどの効果があります。

ヨガの緩やかな動きによって心身をほどよくほぐして体を温めるだけでなく、体を落ち着かせて自律神経を安らかすることで質の良い睡眠をとることができます。

疲れが溜まっている人やストレスを感じやすい人、デスクワークや立ち仕事の人などは、リラックス効果を得て心地よく一日を終えましょう。

おすすめ「朝ヨガ」ポーズ

①ガス抜きのポーズ

ガス抜きのポーズは膝で腸を刺激することで、お腹にたまったガスを押し出すことで便秘解消や下がった腸を正常な位置に戻し、ポッコリお腹の改善にも。

背中を床につけるポーズなので、背筋が伸びて姿勢が良くなり、腰痛予防の効果も期待できます。

朝・夜どちらにも良く、ベッドの上でも簡単にできるポーズです◎

正座前屈のポーズ

正座のポーズは、自体重の適度な圧によって足首の柔軟性をアップし、整えるために有効です。

むくみ解消、骨盤をニュートラルにし、姿勢を正す、消化機能を高めるなどさまざまな効果が◎

首や肩周りの緊張が強い場合は、おでこの下に手の甲を入れたり、両腕を脚の横に伸ばしたりしてもOKです♪

③橋のポーズ

橋のポーズは、腰回りに働きかける力が大きいポーズとなっています。

腰痛の改善やウエストの引き締め、月経時の痛み等も緩和してくれるなどの効果があります。

しっかり呼吸をしながら腰周りの血行を促進し、体全体の流れを良くしてくれるポーズです♪

おすすめ「夜ヨガ」ポーズ

体側ストレッチ

体側を伸ばすポーズでは、脇の下の筋肉を動かすことで筋肉を弛緩させ深い呼吸を手に入れることが可能です。

腹部や腰回りの筋肉を動かすことで内臓の活性化や引き締め、便秘解消、姿勢の改善などにも◎

腹斜筋やハムストリングス、大腿四頭筋といった筋肉が強化されるので日頃のルーティンに取り入れボディラインを美しくしましょう♪

②魚のポーズ

魚のポーズは、胸を開き大きく反らして背中の筋肉をほぐすことで、姿勢改善に繋がります。

1日デスクワークやスマホ操作で猫背になってしまった体を整えるのに効果抜群!首や肩だけでなく背中全体の筋肉を使って伸ばすため、体の歪み改善にも◎

③ねじりのポーズ

ねじりのポーズは、上半身の筋肉や関節をねじることで刺激し体内循環を促進。

老廃物の排出を促したり、栄養分の運搬を順調にしたりしてくれます。

日常生活の忙しさの中で上半身の動きが少なくなっている現代人には取り入れてほしいポーズです!

ねじりのポーズによって、毎日の停滞し蓄積されがちな老廃物を解消しましょう。